信州ドライフラワー専門店|Everlasting Flowers 信州ドライフラワー専門店|Everlasting Flowers

いただいた花束をドライフラワーに!統一感のあるスワッグの作り方

雑貨の作り方 | 2021/11/27

ドライフラワーのスワッグ(花束)の作り方はとても簡単。でもお花の組み合わせは迷ってしまいますよね。実は、いただいた花束をそのままドライフラワーにしてしまえば、簡単に統一感のあるスワッグが出来るんです。今回はとても簡単なドライフラワーのスワッグの作り方をお伝えします。

いただいた花束

とても爽やかな色合いの花束をいただきました。この元気な状態で1日、2日楽しみました。ここであまり長く楽しみすぎてしまうと、萎れてきてしまいますので、元気な状態のお花をドライにすることをお勧めします。

ドライにする際は、一度全てバラバラにして乾燥させます。

乾燥後の様子

このように、鮮やかな色合いは残しながらドライになってくれました。

アルストロメリアは、乾燥したもののすぐにホロホロに崩れてしまいました。

スワッグにして飾ってみる

花束についていたリボンをそのまま活用して、スワッグを作りました。どうですか?生花のときの印象とはまた変わりますが、色合いは自然な統一感が出ます。

おわりに

いかがでしたでしょうか?
生花も楽しみつつ、このようにスワッグにすることで、長く楽しむことができます。このスワッグが目に入るたびに、花束をもらったときの友人との会話など思い出されます。花束をほどいてまた束ねるだけで素敵なインテリアアイテムの誕生です。皆さんのドライフラワー生活の参考になれば嬉しいです。是非お試しください。

【 関連記事 】

  • ドライフラワーで花束を作ろう!壁掛けスワッグの作り方

    雑貨の作り方

    2020/11/02

あなたにおすすめの記事

雑貨の作り方