NEWS LISTMENU
NEWS LISTCLOSE

NEWS お知らせ

信州ドライフラワー専門 ECサイト 「Everlasting Flowers (エバーラスティング フラワーズ)」 7月29日オープン2020.8.17

 

ヌボー生花店は2020年7月29日に信州ドライフラワー専門 ECサイト
「Everlasting Flowers (通称:エバフラ)」をオープンいたしました。

ECサイトはこちら

 

「エバフラ」オープンの背景

日本には古来より花を愛でる文化が根付いています。四季の移り変わりを花で楽しむ日本人の心は、日本古来の魅力のひとつです。

しかしながら、花産業を取り巻く環境は年々厳しさを増しています。環境や景気の影響を大きく受ける花生産の最大の課題は「出荷量のコントロールが困難なこと」。気温や雨量など、自然環境に左右される農作物であるからこそ、出荷量を調整し、需要と供給のバランスを一定に保つことはできません。

供給過多となった花は安価で取引され、農家への十分な収入の確保には繋がりません。また、適切な出荷タイミングを逃した花に価値はないと判断され、廃棄される運命にあるのが現状の花産業を取り巻く環境です。

そこで問題解決の糸口として可能性を秘めているのが「ドライフラワー」産業です。

供給過多が見込まれる段階で生花を「別用途で流用=ドライフラワーに」できる体制を整えていければ、生花で一番難しいとされる供給量の調整ができ、定期的な販売資源として花農家を支えていく一助になると考えます。

ドライフラワーは近年、おしゃれ感度の高い女性から高い人気を集めております。また、コロナ禍による自宅への投資意欲の高まりに伴い、今後ますます市場の拡大が予想されます。花農家にとっての安定した生産環境の創造のため、また、信州の花を全国の方々に楽しんでいただくため、そして「花を愛でる文化」を未来へつなげていくために、信州ドライフラワー専門 ECサイト「Everlasting Flowers (通称:エバフラ)」をオープンいたしました。

「花を愛でる文化」を未来へつなぐ「フラワーバトンプロジェクト」

供給過多となった生花を適切な価格で買い取り、ドライフラワーとして新たな命を吹き込み、年間を通じて安定的な価格で販売する「フラワーバトンプロジェクト」。

信州の花産業を取り巻く環境を少しでもよくし、花を愛でる当たり前の日常がこれから先の未来も永続的に続いていくようにするために、私たち「ヌボー生花店」は「フラワーバトンプロジェクト」を推進していきます。

「エバフラ」の特徴

信州は全国有数の花の栽培県。澄んだ空気に清らかな水、そして良質な土壌や寒暖差の激しさといった環境は、花にとっても最適な生育環境です。花の生産に情熱を注ぐプロフェッショナルたちが丹精込めて育てている花々は彩りが鮮やかで、花持ちも抜群。低農薬なので、安心・安全面でも高い評価をいただいております。

 「エバフラ」は、この信州産の花を中心に、自社工房で丁寧にドライ加工し、手づくりで仕上げるドライフラワー専門店。生花店の店頭の残り花を加工するのではなく、花生産のプロたちから旬の花をドライ用に仕入れ、生花のアレンジメントとして活躍中のスペシャリストが加工、仕上げを手がけるドライフラワー専門のプロショップです。

プロの手による質の高さが何よりの自慢。花の特性に合わせてドライ条件を微調整するなど、繊細な加工により、花ごとの魅力を最大限に引き出して制作しています。

豊かな大自然を誇る信州から、四季折々の花をドライ加工した素敵なインテリアフラワーをお届けします。